• Home
  • /
  • 遮光用品は布カーテンだけではない?ブラインドの活用方法を学ぼう!

遮光用品は布カーテンだけではない?ブラインドの活用方法を学ぼう!

ブラインドを使うメリットとお手入れの方法

ブラインドは窓に取り付けるよろい戸ですが、現在では遮光や目隠しを目的としたカーテンの一種を指します。ブラインドは金属や樹脂製の細長い板を複数並べた状態で紐に結ばれています。専用の紐を引っ張ることで板が傾き、目隠しや遮光の効果が得られる構造になっています。軽量で扱いが容易なことから主に事業所や店舗などの窓に用いられています。通常の布カーテンと比べて取り付け作業に手間がかからず、開閉もすぐに行うことが出来るので広く普及していますが、その一方で汚れが付着すると目立ってしまう欠点もあるので日頃から衛生管理に気を配るのが気持ち良く使い続けるための心得です。ブラインドのお手入れはハタキなどで汚れを払い落とすのが効率的な方法ですが、材質によっては雑巾で拭き取る必要があるので注意が必要になります。

住宅でブラインドを快適に使うためのポイント

ブラインドは通常のカーテンと異なり、カーテンレールを設置する必要がありません。そのため、壁や天井の材質に関係無く使用することが出来ますが、遮光や目隠しの効果を得るためには窓の寸法に合致した物を選ぶ必要があります。築年数が長い建物は窓の寸法が現在の規格に合わないことがあるので、既製品のブラインドをそのまま使うことが出来ない可能性があるので注意します。住宅の窓は特殊な寸法になっていることがあるので、ブラインドも特注品を使う必要があるので事前の確認が不可欠です。通販サイトを経由して海外製の特殊な寸法の製品を購入する方法もありますが、品質や安全性が日本の基準を満たしていない物も混在しているので信頼出来る業者を選ぶことが重要になります。

オーダーのブラインドでは、サイズを自由に指定できるだけでなく、素材やデザインも選べるため、好み通りの商品が手に入ります。