• Home
  • /
  • 屋上緑化のさまざまなメリット

屋上緑化のさまざまなメリット

屋上緑化とは屋上に植物を植えて、空きスペースになっている屋上を緑化することを指し、屋上緑化には数多くの利点があります。都心では近年アスファルトに覆われているために、夏など気温が急激に上昇する季節には熱がこもりやすく、夜になっても地面が熱を持ったままで気温が下がらないヒートアイランド現象が起きています。また、コンクリートに覆われ土砂が減少しているため、集中豪雨などの急激な雨水の流出による水害が増加し問題となっています。屋上緑化を行うことで植栽面や土壌面、水面から水分が蒸発されるため、気温の上昇を抑えヒートアイランド現象の緩和や、雨水の流出を和らげる効果も期待できます。

建物に合った緑化を行い空間を有効活用

屋上緑化は強い紫外線などからも建物を保護する役割を果たします。酸性雨や外気からもしっかりと建物を守るため、建物の耐久性を向上させる効果も期待できます。緑には癒し効果がありますから、特に緑の少ない都市部で屋上緑化することで人々のリフレッシュできる場所として空間を有効的に活用できるようになります。屋上緑化を行う場合は、工務店や設計士などと相談しながら建物にあった緑化を行いましょう。屋上緑化の費用は植える植物や材質、施工面積などによって異なります。緑化の施工計画費用を事前にチェックしておくことをおすすめします。植物などの材料費の他にも、散水管や耐根シート、防水シート、排水管設備費など諸費用がかかるため、その点も業者に確認してみましょう。

都市の高温対策として実施されている屋上緑化は、様々な方法で行われており、畑・田んぼ・芝生といった緑化があります。