• Home
  • /
  • スマホ・PCも多用する現代人には何個のメガネが必要か?

スマホ・PCも多用する現代人には何個のメガネが必要か?

この文章に関する説明

この文章は、スマホ・タブレット・PCを多用している現代日本人には、一体いくつのメガネが必要かを分析した文章です。

度なしのブルーライトカットメガネ

PC・スマホやタブレットからは有害性が問題視されているブルーライトというものが発せられています。その中でもスマホ・タブレットからはPCよりも近い距離で画面をみるため、ブルーカット対策がより重要です。そのため、度なしのブルーライトカットメガネを購入する人が増えていて、その傾向は続くとみられています。今後、国民のほぼ全員が持っているような状態になることも考えられるので、スマホ・タブレット時代の必須商品だといえるでしょう。

度が入ったブルーライトカットメガネ

PCで仕事をしている人は、スマホ・タブレットとは違い、少し度が入っていないとPC画面がよく見えない人もいます。そのため、視力が悪い人の間では、度なしのブルーライトカットメガネとは別に度入りのブルーライトカットメガネを作る人が増えています。スマホ・タブレットよりかは画面からの距離は離れていますが、PCからもブルーライトが発せられているので、度入りブルーライトカットメガネを作って会社等に置いておくことも目の健康的に重要です。

私生活やサングラスNGの場所でかけるメガネ

ブルーライトカットメガネとは、レンズに微妙に色がついていているため、ややサングラスに近いものです。そのため、お仕事の中でサングラスがNGな厳粛な場でかけたり、私生活でかけたりするメガネは度入りプルーライトカットメガネとはまた別に用意する必要があります。

現代人には2つから3つのメガネが必要

ある程度目がいい人はPC向けにも度なしのブルーライトカットメガネが使えるので2つもっておけば大丈夫ながら、度なしだとPC画面が見にくい場合は3つのメガネが必要と言えそうです。

メガネの通販サイトでは、自分の視力の度数を把握していれば、店舗に出向くことなくメガネが購入できます。フレームやレンズを種類豊富な中から選ぶ事ができ、出来上がるまでの待ち時間が無いのもメリットです。